FC2ブログ

体育祭

佐々木です


先週の水曜日に、僕の行ってる学校の体育祭がありました

学校で一番大きな行事で、2年生にとっては学生生活最後の行事なんです僕のいるクラスは赤組でした

場所は川崎の等々力アリーナというところバスは大混雑だったので徒歩で行ったところ、駅から20分もかかりましたまぁイイ準備運動です
どんなとこか写真のせときます
競技中の写真が撮れなかったのが残念ですが



僕が出たのはクラスパフォーマンス(ダンス)と色別対抗リレーでした

ダンスのほうは体育祭の前から力を入れてて、色々悩んだり辛いこともあったから、終わった後はみんなで抱き合ったり、泣いたりする人もいて、とても感動しました

リレーは最後の種目だったんでかなり盛り上がりました
応援も凄くて緊張しましたが、我が赤組はリレーで1位でした
みんなで盛り上がってすごい青春でした(笑)


結局最終的な順位は準優勝でしたが、生徒も先生もみんな泣いてたんで凄い良い体育祭だったと思います


普段関わりのない1年生とも仲良くなれたし、やっぱり人との関わりってとってもいいですね

学生生活最後の行事をとても満喫した佐々木でした


20071127185449.jpg



20071127185439.jpg

スポンサーサイト



忘年会に向けて

こんにちは。あきです

朝晩とともに冷え込む季節になりましたね
今年も早いもので、残すとこあとわずかになりました

12月に入ると途端に忘年会シーズン到来です
既に予定がいくつか決まっている方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか

・・・そこで今回は誰でも一度は経験のある、悪酔い&二日酔いについて書いてみたいと思います。

  「悪酔い」と「二日酔い」の違いとは
 
 悪酔い・・お酒を飲んで2~6時間後位で、まだ血中アルコール濃度が高い時期に起こる
          不快症状
 二日酔い・・翌朝、血中アルコール濃度が低くなった状態でも現れる不快症状

悪酔い&二日酔いにならない3つのPOINT

「ゆっくり適量を飲む」
悪酔い&二日酔いはアルコールの過剰摂取が原因。
自分の適量を知ることがまず大切

「空腹で飲まない」
空腹でいきなりのアルコールはNG
飲む前に牛乳やチーズを食べると、胃壁に脂肪の膜が出来てアルコールの吸収が穏やかに。

「食べながら飲む」
お酒の一気飲みは
悪酔い&二日酔いになりにくいおつまみをチョイスして、食べながらゆっくり飲むのがよい。
席に着いたら、とりあえずメニューの中にある・・・ 
                枝豆、冷奴をたのんでみてはどうでしょう。

枝豆・・ビタミンCが豊富。アルコール分解途中で出来る酔いの物質アセトアルデヒドの分解を
    促進

冷奴・・原料の大豆に含まれるたんぱく質が、アルコールの処理能力をUP 

ビタミンCやたんぱく質にはアルコールを分解する働きがあります。
その他いろいろな食材にも含まれていますから、是非オーダーしてみて下さいね

番外編として・・
 飲み会の前日の睡眠は十分にとる (これも大切ですね


お酒は飲んでも飲まれてはいけません。(言い古した言い方ですけど)これらを頭の片隅に入れて、楽しい席にしましょうね


  
         
          


            

一生懸命頑張っている選手達へ

院長です。

最近は、中・高生の患者さんも多く来院してくれる様になりました。

スポーツ や しゅみ や 部活動 を一生懸命やっている子は 輝いていますね
話をしているだけで、こちらがすがすがしくなります。

ただ一生懸命すぎて痛みやケガやこりに悩む子も多いのですが・・・


僕は大阪の整形外科勤務時代、休日を利用して関西大学、関大一高のアメフト部のトレーナー活動に参加していました。

そこで多くのことを選手達から学ばせてもらいました。

選手達は、レギュラー争い、ポジション争い、周囲の期待、責任など多くの心理的ストレスを受けています。治療に専念できない理由もそこにある様です。

しかし、 成長期の学生や選手には特有の障害 があったり、ほっておくと悪化してしまう病態もありますので、やはり自己判断ではなく是非相談してください。

治療法はひとつではありません。固定や活動範囲を工夫することでプレー出来る内容が大きく変わります。少しでもプレーがスムーズに行える様に、選手それぞれの特性や環境に合った治療を一緒に考えていくので、 身近な相談相手 として気軽に接していただければ良いのですよ


僕自身も、学生や選手の皆さんからたくさんエネルギーや感動をもらっています。
試合やコンクールなどで良い結果が出せたと聞いたときは、とても嬉しくなるし、そのお手伝いが出来ることは本当にやりがいのあることです

僕も皆に負けないように一生懸命頑張らなくっちゃね
輝き続けられる様に努力します



ホリデイ

こんにちは あきです

先日4歳になる甥っ子ちゃんにお供して、群馬サファリパークへ行ってきました
実は一ヶ月前にも富士サファリパークに行って来たばかりだったのですが・・・。

甥っ子ちゃんから「今度は群馬サファリパーク」とのリクエストが
前回の富士サファリパークがよっぽど楽しかったんでしょうね

同じサファリでも、それぞれの持つカラーが違いました
私的には富士のほうが好みでしたね

富士は施設の規模も大きく、動物の種類も豊富でした
気候が涼しくなってきたからなのか動物達にも動きがあり、見ごたえ充分な感じでした。
それに比べ群馬は動物はさほど多くはないのですが、そのかわり施設内にはミニミニ遊園地が備わっていて、二重のお楽しみが
どちらかというと小さなお子さん好みかもしれませんね。

群馬サファリパークの帰り、その近くにある旧官営富岡製糸工場に足を運んでみました

旧官営富岡製糸工場といえば、世界遺産の文化遺産登録を目指してただいま活動中ですよね

明治5年、明治政府によって建てられた旧官営模範工場。フランス人技師のポール・ブリューナの設計で、モダンな赤レンガ壁の工場や倉庫、官舎からなる。政府が輸出用の生糸生産により、外貨を獲得する目的で外国技術を導入。
建物はほとんど当時のまま残されており、外観だけでも一見の価値があると思いますよ

日本には素晴らしい場所や建造物、まだまだたくさんありますね

20071106180333.jpg